よくあるサッカーマンガじゃなかったDAYSは驚嘆脈絡

婦人校生の唇アピールにやられてGEグッドエンディングという、よくわからないコミックを読むと運動婦人に一心不乱な男の身だしなみが出てきました。確かに愛くるしい婦人校生の部活身だしなみは、大体の野郎両者にとっては最高の純化やしだと思います。これがGEグッドエンディングというのだから、主人らとの最高のエンディングを迎える力作なのだろうという予測して、ともかく読んだのです。そんな2年生の内海さんは、ダッグアウト替えから美少女との傍らを求めて仲間らという語り合っています。こちらは高校男のよくある全景ですが、どうも彼はノミ以下の心臓を持つヘタレで、中学校時代にギャルゲーでしか少女の相手方をした事がないのです。この辺のグッドエンディング意識から力作名が来ているのかもしれません。そちらへ階級替えでやってきた黒川という婦人が、内海の事をのぞき応対するから楽しくなります。でも、こういう婦人は、変に優しくて、テニス部を眺める絶好のスポットを教えてくれるから強敵ですね。意外と、これが思う存分罠だったりして、彼は入部希望者応対されて、テニス部へ連れ込まれてしまいます。婦人の部活風景を近辺で視聴とか、こちら大分偶然が良いというのは気の力不足でしょうか。一層、ラケットを持たせて貰って、勉強に参加させて貰うとか、他の奴らからすると羨ましくて意思が狂いみたいになりますね。でも、内海を好きな上級に近づけるために、黒川が協力的なのは何か考えがありそうで、これだけでもGEグッドエンディングを読み切る利益がありそうです。それにしても同級生も上級も美少女で、普通に話せる動機に速攻でなれるとか、コミックのヒロイン補正全開といった所ですね。そんなヘタレ男だったらリアルなら、絶対にこうはならないでしょう。大体の際、角でキモオタらというつるむのが精一杯なはずですよ。部活を双眼鏡で見ていたら望ましい輩といった話せる動機になって、しかも好きな上級に接近とか見たら、己少々婦人校生の部位行ってくるって感じになりますよね。実情で実行したら将来終了の登録が来ちゃうのですがね。そんな感じで運動不器用な男がテニス部へ入って、楽しい事になりそうな眼力だ。内海が好きな上級が生得系という所もコンポーネントおっきいとして見たりしますが、新性格の出演にも目論見ですね。ほんとに、黒川とのフラグが当たり前のように立っている気がしますが、そこはわざわざスルーしておきます。